年賀状は毎年面倒!でも年賀状が無かったら、人生が寂しすぎる

面倒に感じていた年賀状に対する考え方が変わったきっかけは友人の言葉

私は毎年、年賀状の用意をするのが面倒でたまりませんでした。

なるべく自分が嫌にならないように、デザインと宛名パソコン任せにしています。

10年前は、好みのデザインの物をわざわざ買いに行ったり、子供の写真を載せるために、写真屋さんに注文したりと、年賀状には結構手間暇かけていました。

今は余りにも手を抜いているのがバレないように、せめて自筆で一言添えるようにしていますが、もうそれも面倒です。

いざ書こうと思っても、もう何年も会っていない相手に何を書けば良いのかわからないのです。

もしかして相手も今更私から年賀状をもらっても、返事に困っているかも知れないと思うと、年賀状を辞めるのが一番良い方法に思えてきます。

年賀状だけのつながり、これに意味があるのかと毎年考えていました。

でもそんな時に、知人が「年賀状だけのつながりだからこそ、大切にしたい。」と私に言ったのです。

彼女は、普段は会えないけど忘れていないよ、あなたが大切だよ、と言う思いを込めて年賀状を出しているそうです。

だから彼女は毎年100枚を超える年賀状を出しているのです。

そんな暖かな考えもあるのかと、私は目からウロコが落ちる思いでした。

年賀状だけのつながりだと思っていても、縁があればいつかまた会えるかも知れないのだから、その縁を大切にすると言う意味でも年賀状は大切なツールなのかも知れません。

面倒だからと切り捨てるばかりでは、生活そのものが狭まってしまう気がします。

私の母は亡くなるその年まで年賀状を出し続けました。

私が毎年パソコンで印刷した年賀状を母に渡していました。

年賀状は、歳を取って自由に出歩けなくなった母の最後のつながりだったのでしょう。

先程の知人が年賀状だけのつながりも大切にしたい、と私に言ってくれなければ、私はもしかして母に年賀状を作ってあげなかったかも知れません。

「もう歳なんだから、年賀状は失礼した方が良いんじゃない。」

などともっともらしい事を言って、母から最後の人とのつながりを取り上げてしまったような気がします。

だから実際に、最後まで母に年賀状を作ってあげる事ができて本当に良かったです。

母が色々な人と関わりながら、豊かな人生を送った事に、私が作った年賀状も一役買っていたのではないかと勝手に思って、勝手に私は満足しています。

ところで私自身の年賀状はどうしましょうか。

まだこれだ、と言う程に考えはまとまっていません。

でも、自分の気持に嘘はつかないで、でも何もかも切り捨てる事はしないで、良い方法を探して行ければ良いと思っています。

私は今52歳です。残りの人生に人との縁があるのなら、それを大切にしたいと思っています。

だからやっぱり年賀状は大切にしていかなければいけませんね。

準備不足が原因?毎年年賀状を出すのがぎりぎりになってしまう理由

できれば元旦に届けたい!と思っているのについつい遅れてしまう年賀状準備

毎年、年賀状っていつごろ準備し始めますか?

私は、ニュースで年賀状のはがきが販売されて…とか聞くと、「今年こそは早くやろう」って思うのに、毎年、実際に手を付けるのが、12月も半ばを過ぎてからになってしまいます。

その間、「早くやらなきゃ、早くやらなきゃ」って思ってるんですけどね…。

年が明けてから書き始める年もあったりして、「年賀状は本来年が明けてから書くんだから、いいの!」なんて開き直りつつ、元日に届く年賀状を見ると、やっぱり元日に届くのっていいなぁって思ったりします。

そして、「次回こそは!」なんて思うのですが…毎年その繰り返しです。

そういえば、子どもの頃の夏休みの宿題も、毎年そんな感じだった気もします(笑)。

そういえば子どもの頃は、デザインも自分で一枚一枚絵をかいたり、版画を作ったりしていました。

枚数が少なかったとはいえ、それでもちゃんと元日に着くように出せていたころもありました。

「年賀状を作る」こと自体は、今はパソコンもネットも使えて、昔よりずっと簡単にできるようになったはずなのに、どうしてギリギリになっちゃうんでしょうね。

ひとつ、はっきりしてる原因は、私の場合、「もらった年賀状や住所録の管理をちゃんとしてない」ことかなって思います。

年賀状をもらって、楽しく眺めて、その時にちゃんと年ごとに整理したり、住所もチェックしたりすればいいのでしょうけど、お正月ののんびり気分に押されて、ついそのまま年賀状箱に。

そして、年賀状を書く段になってもらった年賀状をまた引っ張り出すけど、「あれ?○○さん住所変わったんじゃなかったっけ?」なんてその前にもらったものも引っ張り出してきて確かめたりするものだからそのうちごちゃごちゃに混ざってしまったりします。

と書きながら、我ながら効率悪いなぁ…って思いましたが。

ちゃんと住所録に入れておけばいいんですよね。

もう一つの原因は、一言添える文を考えすぎることです。

毎年同じようなことを書いてる気がするとか、こんなこと書いたら自慢っぽいかなとか、あまり伝えるような近況がないけど、当たり障りのない文は…とか、ついいろいろ考えてしまうんです。

私だって、相手の一言を読んでじっくり考えたりすることなんて、そうそうないし考えすぎなくていいと思うんですけどね。

そんなこんなで、毎年ぎりぎりに始めたうえ、遅々として作業は進まず、年明けに投函することが多い私です。

正直、「めんどくさい!」って思うことも多いのですが、やめちゃうのもなんだか寂しいんです。

メールやSNSで新年のあいさつができる相手でも、なんとなく「年賀状をやりとりする」っていうのが好きで、毎年がんばってしまいます。

なんだかんだ言っても、なんかあったかいんですよね…年賀状。

来年の年賀状は、せっかくこんなふうにいろいろと年賀状のこと考えたのだから、スムーズに楽しく作業できる方法を、ちょっと工夫してみようかななんて思いました。

と言いつつ、例年通りになりそうな予感もします…(笑)。

子供たちがパソコンで作ってくれた年賀状のクオリティがすごい!

年賀状作成ソフトが導入されてから年賀状作りは一気に楽になった

昔は手書きで書いていた年賀状。

それもプリントゴッコで楽に作れたと思うのは、古い世代。

今では、バソコンで作ることが当たり前の時代ですね。

筆まめのような年賀状ソフトを買ってからは、作成がとても楽になったことは、言うまでもありません。

しかし、パソコンを買い換えても、ソフトを変えずに使っていました。

ソフトの中に登録している住所リストを他のソフトに移行させる方法が分からなかったからです。

恐らくそんな機能はあるのでしょうが、調べることも面倒でしたし、年に1回だけの利用です。

そんなことから、年賀状ソフトはずっと同じ物を使っていたのです。

しかし、裏のデザインだけは、毎年変えていきたいので、Excelで年賀状フォームを作って、毎年、家族の写真と干支を変えるだけの手抜き年賀状を続けていたのです。

子供3人と共働きをしている嫁さんの年賀状もまとめて作成して印刷をしていたので、少しでも早く印刷し終えたいと思っていたからです。

このパターンは子供達が成長して中学・高校となるにつれて、自分独自の年賀状を作りたくなるようになってきましたし、それぞれがノートパソコンを持つようなったことで、全員の年賀状制作から解放されたのでした。

でも、娘や息子はイラストを書くことが趣味なのか、年賀状もイラストバージョン。

特に長男はバソコンオタクレベルなので、ベンタブやデジタイザーで見事なイラストをパソコンうえで作って、年賀状に印刷。

親バカかとしれませんが、その色あいと言い、デザイン性と言い、見事としか消えません。

「親父の分まで作ってろうか?1枚50円ね。」

と思わず家庭内バイトをしようする長男。

結局は無償で100枚作ってくれましたが、送った仕事関係の人や友人からは、後になって連絡が来たほどです。

「あの年賀状は誰が作ったんだ?お前じゃないよな。」

それだけで反響があったのです。

今年の年賀状は姉弟タッグで作成。

デッサンは長女でそれをベースにCG化した長男。

最早素人の域を脱しているとしか言えませんでした。

そんな年賀状を作った娘も無事に就職したのですが、仕事はデザイン関係とは無縁の看護師。

まさかあれだけデザイン抜群の娘が看護師になろうとは。

確かに看護の専門学校に通っていたのですが、娘曰く「年賀状作るくらいなら、まだいいけど、あの程度なら、収入を得ることはできないよ。」そんなことを言っています。

年賀状を徹して色んなことがありましたが、毎年、年賀状を書く時期は、色々な思い出も蘇らせてくれる時でもあるのです。

送る相手に合わせて年賀状のデザインを変えている理由とは?

大変だけどこれだけは決めている!年賀状を送る上で決めているこだわり

年末になると気持ちが焦ってしまって、中々作業がスムーズに進みません。

大掃除にお正月用品の買い出し、おせちの準備など、子供の頃楽しみにしていたお正月が、正直億劫になっています。

年賀状に関しては、期日までに書いたためしがなく、大晦日にやっと投函するというのを毎年繰り返しています。

昔はせっせと手書きをしていましが、今はほとんど息子がレイアウトして作ってくれますから、随分楽になりました。

只孫の写真がメインなので、送る相手を考えなければなりません。

よく耳にするのが、未婚の人に家族写真、特に孫の写真をアピールしたものを送るのは失礼だという話です。

余程親しくない限り、貰った相手は嬉しくもなく、興味もないというのが現実のようです。

私は3年程猫ブログを書いていましたので、ブログのお友達が何人かいます。

皆猫大好き人間ばかりですから、その人達の為に猫のイラストや写真入りのデザインのはがきを作ります。

何故か独身の人が多いので、孫の写真は絶対に入れません。

息子は不思議そうに、「何で、そんなに気にするん?」と言いますが、この心情は分からないでしょう。

気にし過ぎる方が、相手には余計な気遣いだとも思うのですが、常に話題は猫中心にするようにしています。

又拘りとして、少しは手書きで言葉を添えないと味気ない気がします。

印刷された活字は、やはり気持ちがこもっていないように感じるのです。

この何でもネットの時代に、年賀状を送ること自体ナンセンスだと言う人も多く、字を書くという作業も無くなってきています。

これも合理的と言えばそうなのでしょうが、便利になり過ぎてしっぺ返しがくる気がしてなりません。

私は、高校の恩師からの年賀状を毎年楽しみにしています。

何故なら、いつも手書きで近況報告などを綴ってくれているからです。

数十年教師をされてきた訳ですから、相当の数の年賀状が送られてくる筈です。

それなのに、毎年必ず手書きでオリジナルの年賀状なのです。

先生のポリシーみたいなものが感じられて、年賀状を手に取ると、「今年も元気に過ごされているんだ」と、安堵するのです。

そういうことから考えると、年賀状を書くというのは、とても意味のあることではないでしょうか?

余計な思い込みをせず、自分らしい年賀状を作りたいものです。

たとえ自分が愛するペットや家族をメインにしたデザインであっても、ちょっとだけ手書きを添えると、相手に思いが伝わる気がします。

又今年もギリギリになってしまいそうですが、相手の顔を思い浮かべて書くつもりです。

苦労していた年賀状作りも専用アプリを使用して楽しみになった

一昔前までは、プリンター、パソコン、インターネット環境がなかった我が家では年賀状はコンビニで既に刷ってあるものを購入して、住所は手書きでしていたため、思ったより手間がかかる作業で、毎年年賀状作成のシーズンになると憂鬱になってました。

何より字が下手なことが一番困っていたことです。

宛名は一番字や大きさやバランスが難しく、出来上がったものを見ても恥ずかしいほとでした。

しかし、スマートフォンを購入した四年前から、スマートフォンのアプリで年賀状が簡単に作成できて、しかもコンビニで購入するよりトータル的にみると安いと友人から教えてもらいました。

早速ウェブポという年賀状作成アプリをダウンロードしました。(もちろん、無料です)

機械やコンピューターにとても、疎いので自分に出来るか不安でした。

しかし、ガイドに添って一つ一つ進めていけるので、私にでも分かりやすいような説明でした。

年賀状のデザインも種類が豊富でシンプルでシックなものから、かわいいポップなものも揃っています。

主人や子供達と画面を見て相談しながら決められました。

写真の取り込みもファイルを選択するだけで出来るのでスマートフォンで撮影した写真が使えるのも嬉しかったです。

写真なしのレイアウトから多いものは7枚程載せられるレイアウトもあります。

どの写真にするか決定を押すまで何度でもやり直せるので色々な写真を入れて、好みの構成に出来ました。

その途中でもデータを保存できるので、すぐに決めなくても、決まらなかった時は次の日にまたそこから始めることが出来ます。

メッセージもテンプレートから入力出来て、フォントや色も選択できるので自分好みにより合わせることが出来ます。

全部完了したら、次は宛名作成です。

電話帳に住所が入力されていれば、データをそのままアプリに移項出来るので簡単でした。

データが電話帳にない人だけ手入力しました。

一回入力したデータはIDを登録すれば来年以降も引き継げるので、次の年には更に楽になりました。

住所が変更になった人は簡単に変更できて、その年に送る人を選択できるので、その年に喪中の方を 省いて送ることが出来ます。

こうして、出来上がったものを注文すると直接送るか一旦自宅に届けてくれるかを選択します。

私は自宅に一旦届けてもらい、一言メッセージを書き込んで時期になったらポストに投函します。

印刷代金も安くて満足な仕上がりで毎年家族の記念としても一枚記念にとっておきます。

今年で5年目、今からどういう写真を使うか楽しみです。

年賀状を送ることでわかっちゃう?自分が築いてきた友好関係の現実

年賀状は楽しみだけど、同時に突きつけられる現実に傷つくこともある

新年と言えば、特別番組やおせちだったり、学生はお年玉なんかも楽しみだったりしますよね。

その他にも、年賀状がどれだけ来るかも密かな楽しみですよね。

最近の年賀状はデザインなんかも凝ってて、どういう年賀状が来るのか、わくわくするのではないでしょうか。

カラフルなイラストがプリントされた年賀状もいいですし、筆で書いた昔ながらの本格的な年賀状なんかも味があって大変よろしいです。

そんな色んなデザインで、貰って楽しく嬉しい年賀状なんですが、時に残酷な現実を突きつけられかねないのをご存知でしょうか。

そう、年賀状を送るのは任意ですので、思ったより貰えないということもあるのです。

特に、自分は張り切ってたくさんの人に送ったのに、いざ新年を迎えて自分のところに来た年賀状が少なかったら、結構ショックだったりします。

年賀状を送るほどの友好関係を築けてなかったという現実を突きつけられるわけです。

皆さんはそういう記憶がありませんか?

私にはその覚えがあります。

中学生の頃、新年を迎えるにあたって友達に年賀状を送りました。

私の中学生時代は携帯電話も普及していなかったので、いわゆるあけおめメールなんかもないので、年賀状の枚数がそのまま友好関係の数とも言える時代でした。

やっぱり友達と仲良く、良い学生時代を送りたかったので、こういうはきっちりしておこうと、年賀状を送ったわけです。

ところが、自分のところに来た年賀状が少なかったんです。

送ってない人から来たときはお返ししたりして、新年から少し遅れて年賀状が届くパターンもあるじゃないですか。

でも、送った相手から帰ってこなかったパターンすら、私の中学生時代にはありました。

要するに、私は皆から、まあまあ仲良くやってるけどこういうのを送るほどの間柄でもないと思われていたのでしょう。

このように予期せずして、自分が築いたと思ってた友好関係が、あまりちゃんと築けてなかったという現実を突きつけられる可能性があるのです。

先ほども話に挙げましたが、最近はあけおめメールなどがあるので、年賀状以上に手軽に新年の挨拶を送ることができます。

手軽な分、年賀状以上に来なかった時の精神的なダメージは大きいかと思います。

もちろん年賀状でも今まで説明したように、同じように精神に痛手を負ってしまいます。

こうならないように、普段から周りの人達とちゃんとした友好関係を築いていきましょう。

そうしないと、新年早々に予想外のショックな出来事に直面してしまうかもしれません。

そして、残念ながらそうなってしまった人は、何かを変えていくのにちょうどいいとも言える新年ですので、自分の振る舞いなどを改めるきっかけにしてみては如何でしょうか。

年賀状のやり取りだけでも大切な縁。母が亡くなって年賀状の重みを痛感

最後の年賀状にしようと相談していた矢先に、母が亡くなってしまった

私は毎年3つのパターンの年賀状を無料のサイトを活用して作成してきました。

送付先によって3パターンに変えているのではなく、自分の年賀状、妻の年賀状、母の年賀状の3つのパターンを作っているのです。

妻はパソコンに弱く、年賀状を年賀の挨拶、背景、ワンポイントの干支のイラスト等のパーツを組み合わせて作成する事が出来ない為、私が妻の希望を聞きながら作成させられています。

また母は従来は印刷を頼んでいた様ですが、超高齢となり、その依頼さえもできなくなった数年前から、私が作成し、送付してきました。

これと自分の分の3種類の年賀状を作成して来たのです。

そんな母も、自宅で私達が見守り生活介助する対応ではできないほど弱り、特別養護老人ホームに入居しました。

これを機会に、次年度の年賀状に、その旨を記載し、年賀状を送付するのを終わりにしようと考えていました。

母宛に来た年賀状を見せても、それが誰からなのか良く理解できない様になってきていたからです。

そんな母ですが、最期の年賀状送付の前に、今年、他界してしまいました。

年賀状で今後の不義理をお伝えしようと思っていたものが、喪中はがきでお知らせする事となってしまいました。

母は亡くなる94歳まで、私の代筆を含めて年賀状を出し続け、少なくとも元気に過ごしている事を多くの方にお知らせしてきました。

しかし、母の知り合いや友人の遺族から毎年の様に喪中はがきが舞い込み、送付する年賀状は急速に減少して来ました。

いつかは、年賀状をやり取りしたくても、できなくなるのだと言う事を毎年感じて来ました。

年賀状は虚礼だとして出さない方も少なくありません。

しかし母の年賀状を代筆して、虚礼であろうが心に残る人には年賀状だけでもやり取する事で、自分がその人と関わった時代を振り返る事が出来、歳を重ねるごとに年賀状の大切さ、重みは増すものだと痛感しています。

私は定年退職した現在も、親族、友人の他に会社員時代に関わった人達に150通ほどの年賀状をやり取しています。

そんな会社で関わった人達の中でも80歳を過ぎた方が増え始めました。

やがて母の時の様に、送付する相手が徐々に減少し始めるのだと思うと、少し寂しくなって来ます。

元気な間は、近況を少しでも直筆で挿入し、年賀状を送付し続けたいと思っています。

今年は年賀状は送れず、喪中はがきを準備する事となりました。

それでも、近況を少し添えて送る事で自分の様子を伝える役割は果たせます。

次に年賀状を作成する時には、従来の3種類から2種類に減少した事を改めて痛感する事と思います。

紙でやり取りするからこそ意味がある!年賀状に感じる温かさ

便利で簡単な方がすばらしいわけじゃない!手作りの年賀状の魅力

年賀状は、日本の伝統文化の一つと言っても過言ではありません。

あいさつを大切にする日本人の特徴が良く表れているツールの一つです。

お正月と言えば、お節料理に初もうで、そして年賀状と連想できるように、元日のポストをのぞいたときに存在するはがきの束を見つけた時の喜びは、いつの時代でも心をほっこりと和ませることができるのです。

近年では、そうした年賀状はメールやラインで済ませてしまうという人も増えています。

また、そうしたデジタル化に伴い、年賀はがきの売上も年々減少しているという情報もあります。

そこで、年賀状の魅力について、改めて考察してみましょう。

まず、年賀状の一番の魅力は「手作り感」です。

思い出してみてください。

子供のころに一生懸命に作った版画や、絵具や色鉛筆などを駆使して描いたイラストなどは、どれも相手に喜んでもらいたいために心を込めて無心で作ったものです。

そこに込められた思いが、相手の元に届いたとき、相手の心は「あの人から来た」という喜びで温まります。

そして、年賀状のもう一つの魅力は「つながり」です。

たとえ知り合った当時から離れた土地で暮らしている間柄だとしても、年賀状というツールによって「つながり」を実感することができるのです。

今でこそ、メールやラインというツールによって、その距離感は解消されやすくなっていますが、同じ機械化された文字での表現ではなく、その人にしか書けない文字が、インクで直接書かれて目の前に届くということは、デジタルでは味わいきれない醍醐味と言えます。

さらに、年賀状に限らず、手紙というものの最大の魅力は「手元に形として残る」というものです。

デジタルであれば、何かのはずみでデータが消去されてしまったり、データが蓄積されてゆけば自然と古いものから削除されてゆきます。

しかし、手紙という形であれば、それはどんなに年月が経とうとも消えてしまうことはなく、むしろ変色などによって古さが加味されてゆくことで、より懐かしさを伴って保存されることになります。

鎌倉時代の兼好法師は、徒然草という作品の中で「手紙を見ていると、まるでその当時にくれた人と向かい合って話をしているような気分になれるのが嬉しい」と述べられています。

その心は、鎌倉時代から約700年経った現代にも十分に通じるものがあると言えます。

どんどん利便性が追及され、ものが豊かになってゆく世の中ですが、何一つ変わらないものもあることは確かです。

年賀状という伝統の心、これからも大切にしていきたいですね。

便利な時代だからこそ出すことに意味がある!仕事に繋がった年賀状

幼い頃、若い女子の間で流行ったプロフィール帳の交換。

皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

特に冬休みに入る前は、プロフィール帳交換が盛んになるんですよね。

趣味や、一言メッセージなど、その人自身についてや、その人が自分のことをどう思っているかなど。

普段なかなか話せないトピックスを知る為に、このプロフィール帳はすごく重宝したものです。

こんなプロフィール帳の交換ですが、実は冬休みに入る前のシーズンに最も盛んになるんですよね。

このシーズンの皆の目的はズバリ、住所。

そう、お互いに年賀状を出し合う為に、これを交換するんです。

そして年が明けると、仲の良い友人からたくさんのハガキが届くことに。

私も友人や幼馴染と、年賀状の枚数を比べて競い合っていました。

こんなふうに楽しく出し合った年賀状ですが、今では数もかなり減りました。

やっぱり皆さん、メールやラインで新年の挨拶を済ませてしまうんですよね。

かくいう私も、2年前までは年賀状から遠ざかっていたのですが、こんな時代だからこそと思い再び年賀状を書くように。

そして、それをきっかけにとても面白い経験をすることになりました。

私は都内で活動する、フリーランスのダンサーです。

制作会社等クライアントの方から頂く以来で生計を立てています。

年間たくさんの会社の方と知り合いになり、同時に名刺を交換しますが、そこに必ず書いてあるのが会社の住所。

私自身、一度きりの仕事で縁遠くなってしまったクライアントの方と、どうすれば自然に再度コンタクトを取れるだろう?という思惑もあり、最初は単なる仕事欲しさに、思い立って年賀状を書き始めるようになりました。

私が年賀状を書く時のこだわりは、とにかく全て手描きで完成させること。

カラーマジックを使って目で見て楽しい年賀状を心掛ける。

そして、一言メッセージに添えて、相手の似顔絵を描くというものでした。

似顔絵に関してはクオリティーはそれほど高くありませんが、似せることだけに拘らず、かつて感じた第一印象を忠実に再現することに重きを置いています。

そうして再び年賀状を書き始めて2年目。

「今年も年賀状が届きました。よろしければまたご一緒しましょう」といったメールを頂いたり、食事に誘われた場所で新たな仕事の話が出たり。

私の場合で言うと、例えばダンスの案件が出てきた時、「そういえば」と思い出してもらえるきっかけが、この年賀状でした。

とりわけ、年明け1.2月周辺は各会社の決算が近い為、製作費をたくさん使える会社が多いんです。

私にとっても、年賀状って、絶好のタイミングでありチャンス。

決して仕事のためばかりではありませんが、これからも毎年の楽しいコミュニケーションツールとして年賀状を書き続けようと思うのでした。