準備不足が原因?毎年年賀状を出すのがぎりぎりになってしまう理由

できれば元旦に届けたい!と思っているのについつい遅れてしまう年賀状準備

毎年、年賀状っていつごろ準備し始めますか?

私は、ニュースで年賀状のはがきが販売されて…とか聞くと、「今年こそは早くやろう」って思うのに、毎年、実際に手を付けるのが、12月も半ばを過ぎてからになってしまいます。

その間、「早くやらなきゃ、早くやらなきゃ」って思ってるんですけどね…。

年が明けてから書き始める年もあったりして、「年賀状は本来年が明けてから書くんだから、いいの!」なんて開き直りつつ、元日に届く年賀状を見ると、やっぱり元日に届くのっていいなぁって思ったりします。

そして、「次回こそは!」なんて思うのですが…毎年その繰り返しです。

そういえば、子どもの頃の夏休みの宿題も、毎年そんな感じだった気もします(笑)。

そういえば子どもの頃は、デザインも自分で一枚一枚絵をかいたり、版画を作ったりしていました。

枚数が少なかったとはいえ、それでもちゃんと元日に着くように出せていたころもありました。

「年賀状を作る」こと自体は、今はパソコンもネットも使えて、昔よりずっと簡単にできるようになったはずなのに、どうしてギリギリになっちゃうんでしょうね。

ひとつ、はっきりしてる原因は、私の場合、「もらった年賀状や住所録の管理をちゃんとしてない」ことかなって思います。

年賀状をもらって、楽しく眺めて、その時にちゃんと年ごとに整理したり、住所もチェックしたりすればいいのでしょうけど、お正月ののんびり気分に押されて、ついそのまま年賀状箱に。

そして、年賀状を書く段になってもらった年賀状をまた引っ張り出すけど、「あれ?○○さん住所変わったんじゃなかったっけ?」なんてその前にもらったものも引っ張り出してきて確かめたりするものだからそのうちごちゃごちゃに混ざってしまったりします。

と書きながら、我ながら効率悪いなぁ…って思いましたが。

ちゃんと住所録に入れておけばいいんですよね。

もう一つの原因は、一言添える文を考えすぎることです。

毎年同じようなことを書いてる気がするとか、こんなこと書いたら自慢っぽいかなとか、あまり伝えるような近況がないけど、当たり障りのない文は…とか、ついいろいろ考えてしまうんです。

私だって、相手の一言を読んでじっくり考えたりすることなんて、そうそうないし考えすぎなくていいと思うんですけどね。

そんなこんなで、毎年ぎりぎりに始めたうえ、遅々として作業は進まず、年明けに投函することが多い私です。

正直、「めんどくさい!」って思うことも多いのですが、やめちゃうのもなんだか寂しいんです。

メールやSNSで新年のあいさつができる相手でも、なんとなく「年賀状をやりとりする」っていうのが好きで、毎年がんばってしまいます。

なんだかんだ言っても、なんかあったかいんですよね…年賀状。

来年の年賀状は、せっかくこんなふうにいろいろと年賀状のこと考えたのだから、スムーズに楽しく作業できる方法を、ちょっと工夫してみようかななんて思いました。

と言いつつ、例年通りになりそうな予感もします…(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>