子供たちがパソコンで作ってくれた年賀状のクオリティがすごい!

年賀状作成ソフトが導入されてから年賀状作りは一気に楽になった

昔は手書きで書いていた年賀状。

それもプリントゴッコで楽に作れたと思うのは、古い世代。

今では、バソコンで作ることが当たり前の時代ですね。

筆まめのような年賀状ソフトを買ってからは、作成がとても楽になったことは、言うまでもありません。

しかし、パソコンを買い換えても、ソフトを変えずに使っていました。

ソフトの中に登録している住所リストを他のソフトに移行させる方法が分からなかったからです。

恐らくそんな機能はあるのでしょうが、調べることも面倒でしたし、年に1回だけの利用です。

そんなことから、年賀状ソフトはずっと同じ物を使っていたのです。

しかし、裏のデザインだけは、毎年変えていきたいので、Excelで年賀状フォームを作って、毎年、家族の写真と干支を変えるだけの手抜き年賀状を続けていたのです。

子供3人と共働きをしている嫁さんの年賀状もまとめて作成して印刷をしていたので、少しでも早く印刷し終えたいと思っていたからです。

このパターンは子供達が成長して中学・高校となるにつれて、自分独自の年賀状を作りたくなるようになってきましたし、それぞれがノートパソコンを持つようなったことで、全員の年賀状制作から解放されたのでした。

でも、娘や息子はイラストを書くことが趣味なのか、年賀状もイラストバージョン。

特に長男はバソコンオタクレベルなので、ベンタブやデジタイザーで見事なイラストをパソコンうえで作って、年賀状に印刷。

親バカかとしれませんが、その色あいと言い、デザイン性と言い、見事としか消えません。

「親父の分まで作ってろうか?1枚50円ね。」

と思わず家庭内バイトをしようする長男。

結局は無償で100枚作ってくれましたが、送った仕事関係の人や友人からは、後になって連絡が来たほどです。

「あの年賀状は誰が作ったんだ?お前じゃないよな。」

それだけで反響があったのです。

今年の年賀状は姉弟タッグで作成。

デッサンは長女でそれをベースにCG化した長男。

最早素人の域を脱しているとしか言えませんでした。

そんな年賀状を作った娘も無事に就職したのですが、仕事はデザイン関係とは無縁の看護師。

まさかあれだけデザイン抜群の娘が看護師になろうとは。

確かに看護の専門学校に通っていたのですが、娘曰く「年賀状作るくらいなら、まだいいけど、あの程度なら、収入を得ることはできないよ。」そんなことを言っています。

年賀状を徹して色んなことがありましたが、毎年、年賀状を書く時期は、色々な思い出も蘇らせてくれる時でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>